靴修理できる箇所は?

靴の修理というと、どの箇所の修理を思い浮かべるでしょうか。よくあるのは、靴底のすり減りやかかと・つま先のこすれなどの修理。サイズや幅を調整するのも、靴修理の一種です。一般的にすぐ思い浮かぶような靴の修理箇所以外にも、いまやあらゆる箇所の靴修理が可能になっています。靴修理の技術が進歩したおかげです。

例えば、靴底の張り替えが可能なことは、知らない人も多い靴修理の実態。スニーカーの靴底がツルツルになってしまっている状態も、修理することができます。かかとの内側が破れてしまったというときも、張り替えが可能。ストラップなどの金具が外れたり、ベルトがゆるんでしまったりしたときにも、元のような状態に修理できるのです。

ブーツのファスナーが開け閉めできなくなった、サイドゴアシューズのゴムが伸びてしまったというようなトラブルも、靴修理専門店に相談すれば解決してくれます

これはいくら何でも直らない、ゴミ箱行きだろうと思いがちなトラブルまで、靴修理専門店で解決されて靴がよみがえるようになっています。靴修理でできないことはないほどの技術の進歩に、靴の買い方や履き方も変わってきそうです。良い靴を直して長く履くようにすれば、新しい靴を無駄に増やすこともなくなります。